自分じゃ見えない背中のムダ毛…処理も一苦労

私は毛深いタイプで、よく見える腕や足のむだ毛処理にもとっても困っています。

 

背中は自分では見えないし、届かない部位だから、自分で処理するのはとっても難しいですよね。

 

自分で見えない部分は、自分では見えないから気にしないけれど、服装によって、案外人に見えるものです。

 

背中のあいた服を着たくても、むだ毛処理ができないから着れない…なんてこともあります。

 

せっかくかわいい服を見つけたのに、それがむだ毛のせいで着れないなんて、なんだか悔しいですよね。

 

届かない部位のむだ毛処理は、これまで一人でがんばっていました。

 

かみそりで届く部分までそって、それ以外は見えないので放置していました。

背中のムダ毛処理

自分では見えないけど、彼氏ができてから意識が変わりました。

 

彼氏の前では、いつだってかわいく居たいです。

 

それをむだ毛に邪魔されるのは嫌でした。

 

だからかみそりで頑張っていたのですが、それでもなかなかうまくいきません。

 

肩甲骨あたりはいつもひっかかるし、見えないからちゃんとそれているか分かりません。

 

かみそりに残った、剃れた背中のむだ毛の量をみるとびっくりしました。

 

これが残っていたら嫌だなと思いました。

 

でも、一部分だけ残っていてもかっこわるいし、とても困りました。

 

背中って、なにかと自分では気づかないけど、吹き出物があったりします。

 

それを知らぬ間に傷つけて、血が止まらなくなったこともありました。

 

最近彼氏と同棲をはじめました。

 

毎日一緒にお風呂に入っています。

 

恥ずかしながら、背中のむだ毛処理は彼氏に手伝ってもらっています。

 

それから、背中があいた服も着られるようになりました。

 

これまで自分でむだ毛処理ができなかったから遠ざけていた服も着られるようになり、とても嬉しいです。

 

背中のむだ毛処理の方法を一度調べたことがありますが、やってはいけないことってあるんですね。

 

かみそりで無理やり剃るのはもちろん、除毛クリームも日に当たるといけなかったり、肌に合わなかったりします。

 

自分は腕さえ除毛クリームを使うとひりひりしたり、かゆくなってしまうので、背中にやってしまっていたらどうなっていたか分かりません。

 

背中は見えないからとむだ毛処理を怠ってはいけません。

 

服を着たときの肌触りも違ってくるし、これまで着られなかった服を着ることもできます。

 

そのためには、手伝ってくれる人がいることが大切ですが…。

 

彼氏にかわいい姿を見せたいから剃りたいのに、それを彼氏に手伝ってもらっているのは、ちょっと恥ずかしい思いはあります。

 

最近は、彼氏に剃るのを手伝ってもらうのと同時に、抑毛系のローションを塗ってもらったりもしています。

彼氏は結構マメな人なので丁寧に塗ってくれるのが助かります。

背中などは、ローションを塗りながら、毛を剃ってもらうのが日課です。

私が背中に塗って、毛の生えるのを遅らせているのは、パイナップル豆乳ローションです!