未分類

背中など届かない部位のむだ毛処理に役立つアイテムを紹介

背中など自分で見えにくかったり、届かない部位のむだ毛処理は自己処理が難しいイメージがありますが、最近では届かない部位のむだ毛処理に便利なアイテムも増えています。

 

そこで、そういったアイテムで届かない部位の代表的なところである背中のむだ毛処理の方法を紹介します。

 

1つ目のアイテムは「ロングシェーバー」です。

 

ロングシェーバーは背中のむだ毛処理を自分で処理できるように開発された柄の長い電気シェーバーで、孫の手の先に電気シェーバーが付いているような形となっています。

むだ毛処理

孫の手のように手の届かない部位を剃れるという自分で見えないところのむだ毛処理に活躍できるアイテムです。

 

電気シェーバーは刃を保護するカバーが付いているので刃が肌に直接あたるリスクが少なく、刃が直接当たってしまうカミソリよりも安全に処理できます。

 

一人暮らしなどでどうしても自分で処理しなくてはいけない場合にはロングシェーバーは有難いアイテムと言えます。

 

ただし、カミソリよりも安全と言っても肌を傷つけるリスクが少ないとは言い難く、処理の頻度が高いと肌を傷つけてしまいやすく、しばらくするとまた毛が生えてしまい、一時的な処理にしかすぎません。

 

2つ目のアイテムとして「脱毛タオル」「除毛タオル」

と呼ばれる一般的なボディータオルのように身体を洗うだけでむだ毛処理効果が期待できるものです。

 

ボディータオルと値段もほぼ変わらず、身体を洗いながらむだ毛処理ができる誰でも手軽に背中のむだ毛処理が行えるということで注目されています。

 

ですが、背中の毛が濃い方には不向きです。

 

背中の毛が薄かったり産毛程度の方には除毛効果が期待できますが、毛の濃い方が使ってもほぼ変わらないという口コミもあるので背中の毛が産毛のように薄い方向けのアイテムと言えます。

 

ゴシゴシ擦ってしまうことで肌を傷つけてしまうリスクもあるので、使い方によってはかえって肌に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

3つ目のアイテムは「脱毛クリーム」や「除毛クリーム」です。

 

電気シェーバーは剃り残しが発生しやすかったり、除毛タオルや脱毛タオルは毛深い方には効果が薄いというデメリットがありますが、脱毛クリームや除毛クリームは塗るだけで効果的に綺麗にむだ毛処理が可能で、広範囲を一気にむだ毛処理できるのも嬉しいポイントです。

 

背中など見えにくい部位を効率よく処理するにはクリームがピッタリです。

 

クリームを塗る時は鏡を2枚使って合わせ鏡にし、柄の長いヘラを使えばより簡単に効率よく処理できます。

 

ただし、毛を溶かす成分が入っているので肌の弱い方は荒れてしまう可能性もあるので、肌に優しい成分が入っているクリームを選んだり、色々試して自分の肌に合っているものを探す必要があります。

 

よって、背中など届かない部位のむだ毛処理を自分で行う方法として、脱毛クリームや除毛クリームでの処理が良いと言えます。